【東京都】脱法ハーブにはダマされない!!近づかない!!‐「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」都民の集い

2013年7月4日 (木)

HEADLINE NEWS


主催者とゲストが撲滅宣言

主催者とゲストが撲滅宣言

 「脱法ハーブにはダマされない!!近づかない!!」を合言葉に東京都は6月29日、社会問題となっている薬物乱用の撲滅に向け、『「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」都民の集い』を、東京の池袋西口公園で行い、一般の人たちに“ドラッグ”の怖さを訴えると共に、撲滅に向けては国民一人ひとりが正しい知識を持ち、勇気を持って取り組むことを宣言した。

 都は薬物乱用を防止するため、6月20日から1カ月間、全国で展開されている「ダメ。ゼッタイ。」普及運動の一環として、1993年度から新宿、渋谷、池袋、六本木、秋葉原などで都民の集いを毎年開催してきた。今回は、都内有数の繁華街である池袋に会場を移し、若者をはじめ幼い子どもたちを連れた家族などに、薬物乱用防止のメッセージを発した。

[ 記事全文 ]
 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。
関連リンク

関連記事

by weblio


HOME > HEADLINE NEWS > 【東京都】脱法ハーブにはダマされない!!近づかない!!‐「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」都民の集い
関連キーワードで記事検索:
おすすめサイト
ads by adingo