HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ウエルシアHD】18年2月期に「7000億、1800店」‐今期から3カ年の新中期目標策定

2015年5月11日 (月)

引き続き調剤併設店を推進していく

引き続き調剤併設店を推進していく

 ウエルシアホールディングスは、今期(2016年2月期)から3カ年の新たな中期目標を策定、発表した。3月に関西地盤のタキヤ(尼崎市)、シミズ薬品(京都市)の両社を完全子会社化したほか、9月1日付で「ハックドラッグ」などを運営するCFSコーポレーションを、株式交換により子会社化する計画で、これら経営統合をスピードをもって取り組み、ビジネスモデルとする「ドラッグ&調剤・カウンセリング・深夜営業・介護」を、グループを挙げ強力に推進していく考え。3年後の18年2月期には「売上高7000億円、店舗数1800店舗」の実現を目指す。

 前期(15年2月期)連結業績は6カ月間の変則決算となり、売上高1919億9100万円、営業利益59億9900万円、経常利益66億1100万円、当期純利益35億9600万円となった。昨年9月のグループ子会社統合を機に、各社の本部組織の統合、ウエルシアモデル推進のための既存店の大規模改装や、商品戦略および販促施策の強化に取り組んだ。既存店売上高は調剤部門が牽引し、引き続き好調に推移した一方で、本部組織統合による一時的な人件費増加や店舗改装により販売管理費が増加しており、今後はさらなる業務効率化による収益性の向上が課題となる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録