HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】JCOGと拠点病院等が連携‐希少癌の研究開発体制で提案

2015年5月22日 (金)

 厚生労働省は18日、「希少がん医療・支援のあり方に関する検討会」に、今夏の取りまとめに向けた論点を示した。希少癌の研究開発に当たっては、多施設共同研究グループである「日本臨床腫瘍研究グループ」(JCOG)が中心となって、都道府県のがん拠点病院や大学病院と連携し、治療薬の開発に向けた研究体制を整備することを提案した。それに合わせ、診療医や患者に治験情報などを広く公開すると共に、研究者にフィードバックする仕組みを取り入れ、研究開発を進めていく方針とした。

 論点整理では、3回にわたる会合を踏まえ、希少癌に対する医療提供体制、研究開発、情報発信や相談支援のあり方を柱に、主に国立がん研究センターが取り組むべき対応策などを示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録