【新製品】ポリペプチド系抗生物質製剤を発売 グラクソ・スミスクライン

2015年5月29日 (金)

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は、ポリペプチド系抗生物質製剤「オルドレブ点滴静注用150mg」(一般名:コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)を新発売した。

 オルドレブは、厚生労働省の未承認薬・適応外薬検討会議で「医療上の必要性が高い」と評価され、同社が開発した多剤耐性緑膿菌由来感染症治療薬。国内外のガイドラインで、他系統の抗菌薬の効果が認められない緑膿菌感染症に対する治療薬の「最後の選択肢」として位置づけられている。

 適応菌種は、コリスチンに感性の大腸菌、シトロバクター菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、緑膿菌、アシネトバクター属とするが、他の抗菌薬に耐性を示した場合にのみ使用できる。用法・用量は、成人にはコリスチンとして1回1.25~2.5mg(力価)/kgを1日2回、30分以上かけて点滴静注する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録