HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

日本のMR数は「多い」‐中井薬剤管理官が指摘

2015年6月17日 (水)

中井氏

 世界水準に比べて日本の製薬会社のMR数は多いのではないか――。13、14日に浜松市で開かれた日本ジェネリック医薬品学会学術大会で中井清人氏(厚生労働省保険局医療課薬剤管理官)は私見と前置きした上で、そう指摘した。

 中井氏は「MRが多いことを批判しているわけではないが、日本の製薬産業の構造が世界と同じようになっていくと、新薬メーカーはおそらくもっと新薬開発に集中せざるを得なくなる」と強調。一方、後発品メーカーにとってはさらに安価な医薬品供給が求められるとし、世界的な競争に勝っていくためにも、これまでMRに費やしていた経営資源を新薬開発に振り向けたり、安価な医薬品供給を実現する原資に回したりする状況にならざるを得ないと見通しを語った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録