HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬/CiRA】ヒトiPS腎前駆細胞、急性腎不全マウスに効果

2015年7月27日 (月)

 アステラス製薬と京都大学iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)は、ヒトiPS細胞由来の腎前駆細胞を用いた細胞移植で、急性腎不全マウスに対する治療効果が確認できたと発表した。移植した細胞はマウスの腎臓の一部とはならなかったものの、その周囲の細胞を助ける働きを示し、腎臓の保護因子も分泌していた。両者は、腎疾患にも細胞移植を使った治療法が開発できる可能性を開く結果としており、今後慢性腎臓病や慢性腎不全の治療に向けた研究を進める予定だ。

 両者の研究グループは、腎臓の再生医療に関する共同研究で、ヒトiPS細胞から「OSR1」と「SIX2」の蛋白質を指標に腎臓の前駆細胞を作製し、ヒトiPS細胞から腎臓の前駆細胞へと分化誘導する方法を確立した。この方法で誘導した細胞は、マウスの後腎細胞と共培養や、免疫不全マウスの精巣周囲の脂肪内に移植したところ、いずれも尿細管様の3次元の管構造をつくり、腎臓の前駆細胞として十分に機能することを明らかにした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録