HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【熊本大グループ】サーチュインに新作用発見‐心筋梗塞後の心破裂を防止

2015年8月27日 (木)

 熊本大学大学院生命科学研究部循環器内科学の研究グループは、長寿遺伝子として知られるサーチュインの一つSirt7に心筋梗塞後の心破裂を防ぐ作用があることを、遺伝子改変動物を用いた基礎的研究によって明らかにした。

 サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされており、哺乳類ではSirt1からSirt7が知られている。Sirt7は最も新しく同定されたサーチュインで、癌やメタボリックシンドロームの進行に重要な役割を果たすことが報告されている。しかし、これまでSirt7の心臓における役割は全く不明だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録