HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱】三津家社長、共同開発・販売モデルを志向

2015年9月1日 (火)

グループ内で医薬品開発も

三津家氏

 田辺三菱製薬の三津家正之社長は8月26日、都内で記者会見し、価値の高い新薬を市場1番手で投入していくため、「自前主義にこだわらず、リスクと利益をシェアするパートナーリングを活用していきたい」として、“オープン・シェアード・ビジネスモデル”を推進していく方向性を強調した。その上で、三菱ケミカルグループが持つ各社技術を医薬品開発に応用させ、「新たな技術、素材を組み合わせ、高機能な医薬品を生み出していきたい」と述べ、競争力を強化していく考えを示した。

 同社は、研究開発、国内営業、米国展開、組織・行動の四つで変革に取り組んでいる。10月には研究・開発・営業と分かれていた組織について、ヒトを対象としたプルーフ・オブ・コンセプト(POC)取得までを創薬本部、POC取得後を育薬本部が担う体制に再編することを決めた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録