【新製品】HPP初の治療薬「ストレンジック皮下注」 アレクシオンファーマ

2015年9月2日 (水)

 アレクシオンファーマは、低ホスファターゼ症(HPP)治療剤「ストレンジック皮下注12mg/0.3mL、同18mg/0.45mL、同28mg/0.7mL、同40mg/1mL、同80mg/0.8mL」(一般名:アスホターゼアルファ)を新発売した。

 ストレンジックは、HPPの根本的な原因である組織非特異型アルカリホスファターゼ(TNSALP)の欠損を補う酵素補充療法で、HPPの適応では初の治療薬であり、世界に先駆けて日本で発売された。ストレンジックの投与で、欠損したTNSALPを補充することで、上昇したTNSALP基質濃度が低下し、骨の石灰化障害が改善し、HPPによるくる病や呼吸障害の改善が認められた。

 HPPは、骨の石灰化障害を特徴とする重篤で極めてまれな遺伝性代謝疾患。骨の破壊や変形などの骨格異常のほか、重篤な筋力低下、けいれん発作、疼痛、呼吸不全などの全身性合併症を生じ、乳児では早期死亡に至るケースもある。国内患者数は100~200人で、対症療法しかなく根本的な治療薬が待ち望まれていた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録