HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米J&Jイノベーションセンター】日本で早期シーズを探索‐ウー氏「創薬のエコシステムつくる」

2015年10月26日 (月)

ウー氏

 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、外部資源を活用した創薬(オープンイノベーション)を推進する研究開発部門として、「イノベーションセンター」を全世界で稼働させた。昨年10月末にはアジア太平洋地域(APAC)にも設置し、各国で新薬のタネとなる早期段階のシーズを探索。国内では、バイオベンチャー「カルナバイオサイエンス」が創製したキナーゼ阻害剤の導入にこぎつけた。同社イノベーションセンターのAPACを統括するドン・ウー氏は、本紙のインタビューに応じ、「治療満足度が低い疾患領域でオープンイノベーションを進めたい」と述べ、その結果として売上10億ドル以上の大型製品創出を目指す考えを示した。

 同社は、医薬品、医療機器、コンシューマーヘルスケアの3本柱で事業を展開。自前主義にとらわれないオープンイノベーションを推進した結果、売上全体の4分の1は、直近5年間の新製品で稼ぐ事業構造を実現している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録