HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ファイザーとアラガン、友好的な統合交渉が進行‐シャイアーもバイオ企業買収

2015年11月9日 (月)

 外資系製薬によるM&Aが相次いでいる。米ファイザーが現地時間の10月29日、アイルランドのアラガンとの間で、友好的な買収交渉を行っていると発表した。統合が実現すれば、日本円換算で時価総額40兆円規模の製薬企業が誕生する。今月2日には、英シャイアーが最大59億ドル(約7100億円)で米ダイアックス、米ブリストルマイヤーズ・スクイブが最大約20億ドル(約2420億円)で米カーディオキシル・ファーマシューティカルと、相次いでバイオ企業を獲得。いずれも大型化が期待される開発品を目的に買収に踏み切った。

 ファイザーは、昨年英アストラゼネカに総額11兆円強で買収提案を行ったが、合意には至らず破談となった。ただ、積極的なM&Aは健在で、今年に入り特許切れ製品を扱うエスタブリッシュ事業を強化すべく、注射剤に強い米ジェネリック医薬品(GE薬)大手「ホスピーラ」の買収を発表。さらに今回、アラガンにも触手を伸ばした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録