HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS】超高齢社会で役割増大‐365日24時間対応など検討

2015年12月9日 (水)

青木会長

青木会長

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は4日の会見で、今年1年間の活動報告を行うと共に、今後の事業計画などを発表した。青木桂生会長は今年1年を振り返り、「JACDSにとって非常に大きなことがあった」とし、松本南海雄名誉会長が春の叙勲を受章したことを挙げ、「大きな節目であり、われわれが今後、新しい時代を迎えていく証だ」と語った。また、急速に進展する高齢化の問題にも言及し、「ドラッグストアが大きな役割を果たす時が来たのではないか」との考えを強調した。

 青木氏は、日本が現在、世界に類を見ない高齢化の時代を迎えている点に触れ、「あと数年経てば認知症患者が700万~800万人になるといわれている。また、65歳以上の高齢者数は、2013年には人口の25%だったが、2023年には人口の3分の1にまで増加する」ことなどを指摘。「ドラッグストアの数は現在、約1万9000軒で、7000~8000人に1軒のドラッグストアがある。急速に進展する高齢化社会の中でドラッグストアが大きな役割を果たす時が来たのではないかと思っている」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録