HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】細胞治療ベンチャーに技術供与‐日本は販売オプション権

2015年12月14日 (月)

 アステラス製薬は、米研究子会社「アジェンシス」が、細胞免疫療法に強い米バイオ企業のベリカム・ファーマシューティカルに、前立腺幹細胞抗原(PSCA)抗体を用いたCAR-T細胞などの養子細胞療法に関する全世界を対象とした開発・商業化権を供与したと発表した。ベリカムは、アジェンシスのPSCA抗体を活用して抗原を提示させ、養子細胞療法による免疫療法で癌を治療する。ベリカムは、膵臓癌を最初の目標適応症として、2016年前半での臨床入りを目指す。

 遺伝子治療では、体外でT細胞にCAR遺伝子を導入し、体内に戻して免疫を活性化させる「CAR-T」療法の開発が加速している。ただ、CAR遺伝子が導入されたT細胞が癌細胞と結合すると、T細胞が制御不能状態で活性化を示すことから、副作用が問題となっていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録