HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】英AZに呼吸器事業売却‐譲渡額700億円、200人が移籍

2015年12月18日 (金)

 武田薬品は16日、英アストラゼネカ(AZ)に呼吸器系疾患事業を売却すると発表した。売却額は5億7500万ドル(約700億円)で、来年3月までに手続きを完了する予定。主に販売・マーケティングを担当する従業員約200人が移籍する。「消化器領域疾患」「癌」「中枢神経系疾患」「代謝性・循環器系疾患」の4領域に絞り込み、新薬事業への集中を図る。

 武田は、主力製品であるCOPD治療薬「シムビコート」などを販売し、呼吸器疾患領域を重点領域とするAZに対し、COPD治療薬「ダクサス」(一般名:ロフルミラスト)、「アルベスコ/オムナリス」(一般名:シクレソニド)を中心とした呼吸系疾患領域製品を譲渡する。この2成分の2014年度売上実績は約240億円で、呼吸器系疾患領域事業全体の大半を占めるという。同領域で臨床開発品目はないが、複数の前臨床段階にある化合物が移管される。日本での販売製品はなく、国内での影響はない。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録