HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬】“1:0.3”確保と理解‐山本会長、大型門前別枠は「複雑な心境」

2015年12月25日 (金)

山本会長

 診療報酬改定率の決定を受け、日本薬剤師会の山本信夫会長は21日に記者会見し、医科:調剤の財源配分比率である1:0.3について「確保されていると理解している」と述べた。配分比率の0.3の中には、改定の「別枠」で約40億円(国費ベース)を削減した「大型門前薬局等に対する評価の適正化」は含まれておらず、調剤0.17%プラス分の約30億円(国費)を差し引くと、調剤全体ではマイナス10億円と見ることもできるが、山本氏は「厳しい財政状況の中で、本体プラス改定となった」ことなどを評価したい考えを示した。

 また、日薬会員の中にも適正化の対象となる大型門前薬局が含まれているため、「いささか複雑な心境。必ずしも満足していない」としたが、10月30日の財政制度等審議会で、財務省が調剤報酬の引き下げ案を示した状態を引き合いに、「その時の状態からすれば、よくここまで押し戻せたと思う」との印象を語った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録