HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】後発品規格揃え、要件を緩和

2015年12月28日 (月)

 厚生労働省医政局経済課は、先発品の有する規格すべてを揃える後発品の「規格揃え」について、緩和する通知を発出した。

 2010年度診療報酬改定で、後発品の使用を進めるため、「後発品への変更不可」の署名等がなく、患者に説明をして同意を得た処方箋については、薬局で剤形違いおよび規格(含量)違いの後発品に変更することができる「変更調剤」が認められたことを踏まえ、「常用量を超える規格で倍量の非汎用性規格については、必ずしも取り揃えなくても差し支えない」ことを明確化した。

 また、「常用量を下回る規格で小児用量や患者の病態による減量の設定・使用上の注意等の設定がない非汎用規格についても必ずしも取り揃えなくても差し支えない」とした。ただ、これらのケースは、「医療上の必要性に鑑み個別に判断する」ため、経済課に相談するよう求めた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録