HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

2015年その他の主なニュース

2015年12月28日 (月)

 今年もいろいろな出来事があった。明るいニュースとしては、北里大学特別栄誉教授の大村智氏が、今年のノーベル医学生理学賞を受賞したこと。日本薬学会会員としては初の受賞で、薬業界に活気を与えた。セルフメディケーション推進のために、スイッチOTCの新たなスキームができたが、これをどのように運用していくのかは大きな課題となっている。そこで、いくつかのトピックスを取り上げ、今年を振り返ってみたい。

  • スイッチOTCに新スキーム‐産業界や消費者の意見を反映へ
  • 大村智氏にノーベル賞‐薬学会会員で初の快挙
  • 国内大手が構造改革‐自社事業機能を他社売却
  • 日本ヘルスケア協会が発足‐健康寿命延伸実現へ活動
  • 日本薬学教育学会が発足‐来年8月に初の学術大会
  • MR総数が1000人減‐調査開始以来初の大幅減
  • 検体測定室の採血明確化‐指穿刺、血液絞出しは医行為
  • 実務実習GLまとまる‐連携での参加・体験型促す
  • 後発品80%目標の達成時期、「17年央」の進捗状況で決定
  • 医薬品医療機器総合機構、包括的連携協定創設‐中核病院など対象を拡大
  • 初の認定IRB決まる‐国立病院機構、京都大学大学院医学研究科など9機関
  • 初のファーマシーフェア‐2万1000人超が来場

[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
新刊書籍
電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録