HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【外資系大手・15年通期業績】米国勢を中心に復調気配‐二桁増収はギリアドのみ

2016年2月26日 (金)

 外資系製薬大手の2015年通期業績が出揃った。ほぼ各社が増収で着地し、前期苦戦したファイザーやメルク、イーライリリーなど米国勢の回復傾向が見られた。ただ、売上の伸び率を見ると、ギリアド・サイエンシズ社を除き一桁台と低成長時代に突入している(売上は為替影響除く

ファイザー

 ファイザーは、米ホスピーラ社の連結子会社化が寄与し、公表収益が6%増の488億ドルと主力品が特許切れ影響を受けて以降、初の増収となった。

 イノベーティブ医薬品は19%増の267億ドル。肺炎球菌ワクチン「プレベナーファミリー」が46%増の62億ドルと大幅に伸びた。末梢性神経障害性疼痛治療薬「リリカ」が13%増の36億ドル、関節リウマチ治療薬「エンブレル」が1%増の33億ドル、勃起不全治療薬「バイアグラ」が10%増の12億ドルと拡大した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録