19日に一般向けのAMEDフォーラム「日本から新薬・新治療を世界へ」開催 日本医療研究開発機構

2016年3月2日 (水)

 日本医療研究開発機構=一般向けのAMEDフォーラム「日本から新薬・新治療を世界へ」を19日13時から、東京内幸町のイイノホールで開催する。フォーラムでは、臨床研究・治験の信頼性の回復とより一層の推進を目的に、一般の参加者に対して分かりやすく臨床研究・治験の意義・重要性が解説される。

 当日は、岸本忠三大阪大学特任教授による基調講演「世界初の新薬はこうしてうまれた!―大学からの創薬・誕生秘話」のほか、藤原康弘(国立がん研究センター中央病院副院長)、本望修(札幌医科大学神経再生医療学教授)、花井十伍(全国薬害被害者団体連絡協議会代表世話人)、末松誠(日本医療研究開発機構理事長)の4氏によるパネルディスカッション「日本から新薬・新治療を世界へ」が行われる。

 詳しくは、AMEDホームページ参照。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録