HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】6割近くは「現在持っていない」‐“かかりつけ薬局”で意識調査

2016年3月3日 (木)

 地域における医療・健康管理の拠点としての「薬局」の役割が注目されている。“かかりつけ薬局”の定着が望まれる中で、一般生活者は薬局をどう認識して、どのようなことを薬局に求めているのか。日本調剤では今年1月、全国の20歳以上の男女1008人を対象に調査を行ったが、6割近くの人は「かかりつけ薬局」を持っていないと回答し、約4割の人は「かかりつけ薬局」という言葉を「見た(聞いた)ことがない」という結果が示された。

薬に関する「相談機能」を期待‐薬局選択に際し幅広いニーズ

『かかりつけ薬局』という言葉の認知

 同調査は「薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識」と題し、生活者にとって薬局の存在がどう映っているのか。そして「かかりつけ薬局」という言葉自体にどのような認識を持っているのかを明らかにするため、1月15~18日にかけてインターネットで実施。20代から70歳以上まで各年代168人(男女半々)ずつの計1008人が回答した。なお、ここでの「薬局」とは、処方箋調剤を行っている薬局・ドラッグストア等としている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録