HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】主力のインフルエンザ治療薬、ロシュ社に海外導出

2016年3月3日 (木)

 塩野義製薬は、自社創製で現在開発中のインフルエンザ感染症治療薬「S-033188」について、スイスのロシュと日本、台湾を除く全世界で提携する契約を結んだ。新規作用機序を持つ同剤は、厚生労働省の先駆け審査制度の対象品目に選ばれており、塩野義が注力する感染症領域の中でも、主力品候補との位置づけ。現在国内第II相試験を実施し、最速で2017年度内の承認を見込む。ロシュと提携することでグローバル展開を加速させ、パンデミック発生時に対応できる体制を整える。

 塩野義は「S-033188」をグローバル戦略製品に位置づけているが、今回、耐性ウイルスによるパンデミックが起きた場合に、塩野義1社だけでは対応できないとして、グローバル企業でインフルエンザ感染症治療薬「タミフル」の販売経験を持つロシュとの提携を決めた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録