HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米CSLベーリング】血友病B治療薬が米承認‐半減期延長型の静脈製剤

2016年3月22日 (火)

 米CSLベーリングは、最大投与間隔14日間で使用できる初の血友病B治療薬として血液凝固第IX因子(遺伝子組み換え)アルブミン融合製剤「イデルビオン」について、米FDAから承認を取得した。

 イデルビオンは、半減期延長型の静注用製剤で、遺伝子組み換え血液凝固第IX因子と遺伝子組み換えアルブミンを融合したアルブミン融合蛋白製剤。75IU/kgで14日間、トラフ5%を超える高い血液凝固第IX因子活性が維持されたことから、最大14日間投与間隔で承認された。定期補充療法により、出血頻度を低下することが見込まれる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録