HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【知財高裁】中外の軟膏製造法訴訟、後発品の特許侵害認める判決

2016年3月30日 (水)

 知的財産高等裁判所は25日、中外製薬が保有する活性型ビタミンD3誘導体であるマキサカルシトール軟膏の製法特許を侵害しているとして、後発品メーカーの岩城製薬、高田製薬、ポーラファルマ、原薬輸入業者のDKSHジャパンの4社を相手に販売差し止めを求めていた控訴審で、製造方法の相違部分は本質的ではないとして、後発品メーカー側の控訴を棄却する判決を下した。

 活性型ビタミンD3誘導体であるマキサカルシトールを含む化合物については、中外が尋常性乾癬等角化症治療剤「オキサロール軟膏」として製造販売しているが、2010年に特許期間が満了したことから、後発品メーカー、原薬輸入業者の4社は、12年に厚生労働省からマキサカルシトールの製造販売承認を受け、マキサカルシトール軟膏の原薬、製品の輸入・販売を行ってきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録