HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【徳島大】狭心症薬に新たな薬効か‐心肺停止後の生存率向上

2016年4月5日 (火)

座間味氏

座間味氏

 徳島大学病院薬剤部の座間味義人氏らの研究グループは、心肺停止患者の社会復帰率向上に役立つ薬を既存薬の中から発見するドラッグリポジショニング研究に取り組んでいる。約300万人の国内のレセプトデータベースから心肺停止患者のデータを抽出し、入院後1カ月以内に投与された薬と生存退院の関係を解析。狭心症治療薬のニトログリセリンなど2種類の候補薬を見出した。今後、動物実験などで解析を進める計画だ。

 横浜市内で開かれた日本薬学会年会のシンポジウムで座間味氏が研究の概要を発表した。心肺停止患者の1カ月生存率は現在約12%。心肺蘇生法の進歩によって救命率は少しずつ高まってきたが、それでも心肺が停止すると10人に1人しか生存できないのが現状だ。座間味氏らは、こうした現状を改善したいと考え、研究に着手した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録