HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【官民対話】政府全体で議論する場を‐社会保障、薬剤費抑制では限界

2016年4月15日 (金)

あいさつする塩崎厚労相(前列中央)

あいさつする塩崎厚労相(前列中央)

 厚生労働省、文部科学省、経済産業省、内閣府の関係閣僚と製薬・医療機器業界の代表者が政策について意見交換する「革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話」が12日、厚労省内で開かれた。製薬業界は、社会保障費の伸びを薬価制度改革による薬剤費削減によって手当てすることは「もはや限界」とし、政府全体で社会保障費について議論できる場の設置を提案した。

 製薬業界は、「革新的医薬品の創出に向けて」と題した資料の中で、16年度薬価制度改革により、社会保障関係費の伸び(6700億円)を5000億円に抑制するための財源のほとんどを「負担した」と訴えた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録