HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【CMJファーマ】中国進出のチャンス到来か‐現地製薬会社の淘汰を予見

2016年4月18日 (月)

重村社長が解説

重村社長

 中国の医薬品市場に参入するチャンスが到来した――。日本と中国の製薬業界団体が11日に大阪市内で開いた日中製薬ビジネス交流会で、北京天使盛本医薬科技有限公司(CMJファーマ)の重村新吾社長は、中国未進出の日系製薬会社に対してそう呼びかけた。昨年夏以降の改革によって、中国審査当局の医薬品承認審査業務が迅速化されると共に、承認基準が引き上げられた。また、2018年末までにジェネリック医薬品(GE薬)の品質一致性評価が終了する。これらの影響で現地製薬会社の淘汰が進み、日系製薬会社が進出する余地が大きくなると重村氏は見通しを語った。

 これまで中国では医薬品の申請から承認までの期間が長く、審査待ちの案件が長蛇の列をなしている状況だった。改革によって中国審査当局の承認審査業務は迅速化され、「申請して担当官が資料を開くまでに3~5年かかっていたが、昨年8月以降は審査スピードは過去の3倍になった。昨年の審査実績は前年同期比90%増になった」と重村氏は解説した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録