HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬事日報調査】女性活躍推進法が施行‐女性管理職比率、国内製薬大手は一桁台

2016年4月19日 (火)

女性社員の雇用状況を調査

 今月から女性活躍推進法が施行され、労働者301人以上の大企業は、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定などが新たに義務づけられることになった。製薬企業も、性差や国籍にかかわらず、多様な人材を活用するダイバーシティ戦略を推進しており、その一環で女性社員、女性管理職の比率を高める動きが強い。一部の外資系・内資系企業を対象に女性社員の雇用状況を本紙が調べたところ、女性社員比率では内外資揃って20%台とさほど差はなかったが、女性管理職比率では内資系が一桁台、外資系が10%以上と明確な開きがあることが分かった。法整備により製薬業界での人材活用が変わっていくかが注目される(表参照

 外資系製薬は、グローバル本社が主導し、女性社員の活用を推し進めてきた。女性管理職比率でひときわ高いのが日本イーライリリー。唯一20%に乗せ、20年には30%が目標。2004年から優先課題として女性の活躍推進に取り組み、女性MRの退職率改善や女性社員同士のネットワーク機会提供など、女性が働きやすい環境づくりから基盤を構築し、積極的に管理職登用を行っている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録