HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米オラクル】IoTで臨床試験市場を開拓‐患者発データ収集に本腰

2016年4月22日 (金)

ローゼンバーグ氏

ローゼンバーグ氏

 米オラクル・コーポレーションは、患者が身につけたウェアラブル機器から血圧や脈拍、活動量などをリアルタイムにクラウドサーバーへと集積するインターネット・オブ・スイングス(IoT)を導入し、患者から直接収集したデータを薬剤評価に活用する臨床試験の実現に挑んでいる。ヘルスサイエンスグローバル事業部のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのスティーブ・ローゼンバーグ氏は、本紙のインタビューに応じ、「オラクルはクラウド技術に強く、患者の遺伝子データやリアルワールドデータ、日常での活動状況も含めてクラウド上に集積させ、一元管理することができる」と強調。デバイスメーカーとの提携を通じて、ヘルスケア領域でIoTを試行導入し、いずれは臨床試験への応用を目指す。

 製薬企業の臨床開発をめぐっては、紙の症例報告書(CRF)からEDC-CRFへの普及が進み、治験の電子化が加速している。同社は、世界でも有数のクラウド大手企業で、クラウドを基盤に治験に参加した被験者のCRFをインターネット経由で収集するEDCシステム「インフォーム」などの臨床試験支援ソリューションや、「アーガス」に代表される安全性情報管理ソリューションを提供し、臨床試験の計画から実施、解析まで切れ目なくサポートできる体制を持つ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録