HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【検連協】検体測定に必要な事項を解説‐eラーニング講座開講

2016年5月10日 (火)

 薬局やドラッグストアなどの店頭で、生活習慣病予備軍等のスクリーニングができる検体測定室の普及を目指す、検体測定室連携協議会(検連協、東京中央区)は、今月からeラーニング講座「検体測定室Webカレッジ」を開講する。厚生労働省の定めるガイドラインでは、検体測定の従事者に内部研修だけでなく、外部研修の受講も義務づけており、外部研修が難しい運営事業者をサポートするため、受け皿となるWeb講座を用意した。

 検連協は昨年5月、利用者が指先から採取した血液をもとに血糖値や中性脂肪などの項目を検査できる検体測定室(ゆびさきセルフ測定室)の普及を目的に、設立された。筑波大学内分泌代謝・糖尿病内科准教授の矢作直也氏を座長に、日本一般用医薬品連合会会長の上原明氏、東京医科歯科大学大学院教授の川渕孝一氏、健康保険組合連合会理事の霜鳥一彦氏、日本OTC医薬品協会会長の杉本雅史氏、ココカラファイン社長の塚本厚志氏をはじめ、産学の委員が参画している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録