HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【特許庁】オンコセラピーが7位に‐核酸医薬の特許出願件数

2016年6月1日 (水)

日本企業は製造技術に強み

 特許庁は、2015年度の特許出願技術動向調査報告書をまとめた。アンチセンスやRNA医薬などの核酸医薬に関する特許出願件数は、米国人による出願が約50%のシェアを占め、日本人の出願は約10%と、米国に次ぐ出願件数であることが分かった。出願件数ランキングでは、バイオベンチャーのオンコセラピーサイエンスが7位と、日本から唯一トップ10入りした。次いで化学メーカーの日東電工が14位、国内製薬企業は第一三共が30位に入った。

 1980年から2013年までの核酸医薬の特許出願件数は、2万8655件だった。出願人の国籍を見ると、米国が1万5339件と最も多く、約50%のシェアを占めた。日本は3094件と約10%のシェアとなり、米国人に次ぐ出願を行っていることが明らかになった。次いでドイツが2040件、中国が1330件、フランスが1033件と続いた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録