HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

抗菌薬、感染対策加算で適正使用‐未算定病院は低用量、長期投与

2016年6月10日 (金)

抗菌薬使用の全国データ解析

村木氏

村木氏

 診療報酬の感染防止対策加算を算定できていない病院は算定病院に比べて、抗菌薬の適正な使用がなされていない可能性がある――。村木優一氏(三重大学病院薬剤部副薬剤部長)らの研究グループが「抗菌薬使用動向調査システム」(JACS)で収集した2014年のデータを解析したところ、そんな傾向が明らかになった。未算定病院は算定病院に比べて抗菌薬の使用量が少なく、投与期間も長かった。この結果は、感染防止対策チームの活動などを評価した感染防止対策加算の有用性を示すことにもなり得るとしている。

 JACSは、インターネットを通じて全国の病院から各抗菌薬の使用量、使用日数、施設の基本情報などのデータを収集する日本初の抗菌薬使用量大規模サーベイランスシステム。収集した情報を解析し、日本全体で抗菌薬の適正使用を推進するための指標になるデータを提供することを目指している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録