HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】開発費の増加は「前臨床」‐永山会長「臨床試験よりも伸び率高い」

2016年7月26日 (火)

永山会長

 中外製薬の永山治会長は、21日に都内で開催した記者懇談会であいさつし、製薬企業の研究開発費の高騰に言及。米国の大学が2010年に行った調査で、「一つの薬剤を開発するために必要な費用が約25億ドルと、10年間で2.5倍に拡大している」と紹介した。さらにその中身について、「臨床開発費が高騰しているのは誰もが知っていて当たり前だが、実は前臨床での開発費の伸び率がそれを上回っていた。新しい創薬ターゲットを見つけ出すための技術にお金がかかっている」と新薬開発の難しさを語った。

 永山氏によると、創薬の入口部分で前臨床のコスト増になっているという。創薬標的を探し出すためのアプローチとして、「遺伝子・蛋白質解析など10年前には使われなかった技術が入ってきている。前臨床で10億ドル以上のお金がかかっているのは、誰も知らない」と語った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録