【新製品】かぜのひき始め症状に‐液体タイプの「銀翹散」 大鵬薬品

2016年9月14日 (水)

大鵬かぜ内服液銀翹散

 大鵬薬品は、のどの痛み・咳・口の渇きなど、かぜのひき始めの症状に効く、生薬配合の液体タイプかぜ薬「大鵬かぜ内服液銀翹散(ぎんぎょうさん)」(第2類医薬品)を新発売した。

 銀翹散は、中国では葛根湯と同様、かぜの症状に処方されることの多い非常にポピュラーな漢方処方で、配合されている金銀花(きんぎんか)や連翹(れんぎょう)をはじめとする10種類の生薬には、のどの炎症を抑えて痛みを取り除く、抗炎症作用が期待される。

 「大鵬かぜ内服液銀翹散」は、「銀翹散」としては唯一の液体タイプで、場所やタイミングを選ばず、水なしですぐ服用できる。眠くなる成分(抗ヒスタミン剤)が入っていないので、仕事や外出時などでの急な症状にも対応でき、かぜのひき始めの諸症状が気になる時も安心。

 成人(15歳以上)1日3回、よく振ってから食間に服用する。税別希望小売価格は1本(30mL)310円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録