HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東北薬剤師会連合大会】厚労省老健局・三浦課長「地域包括ケアの一翼を」‐かかりつけ、健サポなどで

2016年9月14日 (水)

東北薬剤師会連合大会

 第67回東北薬剤師会連合大会が10、11の両日、青森県八戸市内で開かれた。「地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割」をテーマにしたシンポジウムでは、厚生労働省老健局振興課の三浦明課長が、2016年度診療報酬改定について、「地域住民の生活を含めて支えることが強調されている」と指摘。新設された「かかりつけ薬剤師指導料」や、厚労省の「患者のための薬局ビジョン」「健康サポート薬局」で示されている取り組みなどを通して、「地域包括ケアの一翼を担ってもらいたい」と強調した。

 保険局医療課保健医療企画調査室長として2016年度診療報酬改定に携わった三浦氏は、今回の改定について、「地域包括ケアシステムという言葉が何度も出てくる。これを進めるのが1丁目1番地だった」と振り返ると共に、「地域住民の生活を含めて支えるということが強調されたのが特徴だと思う」と述べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録