HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【岐阜薬科大学】香粧品の寄附講座を開設‐薬学的視点で副作用研究

2016年9月28日 (水)

 岐阜薬科大学は、10月1日付で寄附講座「香粧品健康学」を開設する。美白化粧品で発生した白斑トラブルなど、化粧品と副作用の関係を薬学的視点で研究すると共に、薬局やドラッグストア店頭で販売されている化粧品への知識や関わり方を薬学生に習得させるのが狙い。期間は5年間。地場化粧品原料メーカーの一丸ファルコスが総額1億5000万円を寄附する。

 香粧品健康学寄附講座は、2020年3月31日まで約5年間設置し、一丸ファルコスが毎年3000万円を寄附する。特任教授には、元カネボウ化粧品執行役員、花王ヘルスビューティ研究所長を務めるなど化粧品研究に精通した井上紳太郎氏が就任。特任准教授には名古屋大学医学部で研究員を務めていた水谷由紀子氏、客員教授には一丸ファルコスから2人の研究員が就いた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録