HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療政策機構調査】医療費負担の平等性に不満‐信頼度は薬剤師がトップ

2016年10月4日 (火)

 日本医療政策機構は、日本の医療への満足度や医療関係者への信頼度などに関する2016年の調査結果をまとめた。診断・治療技術の質と安全性については過半数が満足していたものの、世代間の医療費負担の平等性には不満が大きかった。また、医療関係者への信頼度は薬剤師がトップで、最近話題となっている高額薬剤については、7割が公的保険の対象とすべきと考え、薬価見直しなどの使用制限に賛成していることが分かった。

 調査は、今年8月に全国20歳以上の男女1000人を対象にインターネット上で行ったもの。

 現在の医療制度にどの程度満足しているか尋ねたところ、診断・治療の質に関して「大いに満足」「まあ満足」を合わせ62%と6割が満足していたが、世代間の医療費負担など医療制度の平等性については33%、医療制度に国民の声が反映されている度合いについては32%と満足度が低くなっていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録