HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】29製品が一気に登場‐9月28日付承認医薬品

2016年10月5日 (水)

国内2番手の抗PD-1抗体‐国内初製剤も相次ぐ

 厚生労働省が9月28日付で承認した新医薬品では、29製品が一気に登場した。国内2番手の抗PD-1抗体「キイトルーダ点滴静注」、国内初の肝性脳症治療薬「リフリキシマ錠」、国内初の経口抗凝固薬(DOAC)に対する特異的中和剤「プリズバインド静注液」などが特徴といえる。各企業で見ると、MSDが5製品の承認を取得するなど、最も目立った。

MSDが多くの新薬を開発

キイトルーダ点滴静注:MSD

 「キイトルーダ点滴静注20mg、同100mg」(一般名:ペムブロリズマブ)は、T細胞に主に発現する受容体「PD-1」と、腫瘍細胞に主に発現するリガンド「PD-L1」「PD-L2」の相互作用を阻害するヒト化抗ヒトPD-1モノクロール抗体で、根治切除不能な悪性黒色腫に対する効能・効果としている。国内で承認された抗PD-1抗体では2番手製剤となる。製造販売はMSDが行い、販促活動はMSDと大鵬薬品が共同で行う。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録