HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製剤機械技術学会】3Dプリンター製剤技術‐テーラーメイド薬の可能性

2016年11月2日 (水)

製剤機械技術学会

 患者の人種や体重、肝臓や腎臓の機能を考慮して薬剤の製造が可能な3Dプリンター製剤製造技術を駆使することで、今後テーラーメイド医薬品による個別化医療が実現する可能性が、このほど大阪府豊中市内で開かれた第26回製剤機械技術学会で報告された。

 「21世紀の成形技術 3Dプリンターによる錠剤の造形とその評価」をテーマに講演した槙野正氏(静岡県立大学薬学部)は、まず、昨年8月、米国のアプレシアが3Dプリンターによって製造した世界初の抗てんかん補助薬「スプリタム」(一般名:レベチラセラム)がFDAに承認されたことを紹介した。同剤は、3Dプリンターを使った製造過程により、最大1000mgの薬剤成分を錠剤として生成された薬剤で、2016年の販売開始を予定している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録