HOME > 無季言 ∨ 

肩こり、腰痛は国民病

2016年11月4日 (金)

◆第一三共ヘルスケアが全国の30、40代の男女5000人を対象に実施した「肩こりと腰痛に関する意識調査と実態調査」によると、肩こりは73.5%、腰痛は67.0%が国民病と答えている。都道府県別では、肩こりは奈良、徳島、大阪に多く、沖縄が最も少ない。腰痛は秋田、鹿児島、佐賀に多く、最も少ないのは愛媛だった
◆沖縄では、症状が出れば「パソコン利用時間の短縮」「貼付薬の使用」などすぐに対処する傾向があり、ストレス度が低く、幸福度は高い。愛媛も貼付薬を使う人が多い。外用薬への期待のトップは「高効果」で、重症の肩こりでは「速効」も重視されている
◆腰痛・肩こりの対処では、貼付薬以外にもビタミンB群の摂取や、食事療法、マッサージなどが考えられる。とはいえ、3割以上が肩こり・腰痛の原因を理解せずに、8割は症状が出ても放置している。これら実態調査結果から、顧客に原因を理解してもらい、個々に合った対処法を見つけ出す相談窓口となるのも、健康サポート薬局の重要な役割の一つだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録