HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本くすりと糖尿病学会学術集会】副作用に臨床推論の活用を‐添付文書との照合から脱却

2016年11月4日 (金)

日本くすりと糖尿病学会学術集会

日本くすりと糖尿病学会学術集会

 目の前の患者に生じた有害事象が薬の副作用なのかそうでないのかを、添付文書に記載された情報と照らし合わせるだけで判断することから脱却しないか――。10月29、30日に神戸市で開かれた日本くすりと糖尿病学会学術集会のシンポジウム「糖尿病の臨床推論」に登壇した各演者は、臨床現場の薬剤師に対してそんなメッセージを送った。“OPQRST”に沿って患者情報を聴取するなど薬学的臨床推論を活用して患者の状態を把握した上で、症状の背景にある様々な要因のもっともらしさを推察しながら、他の医療者と情報を共有し対応を考えるよう呼びかけた。

 川口崇氏(東京薬科大学薬学部医療実務薬学教室)は「患者さんに起きたイベントが添付文書に載っているかどうかを確認し、記載があれば副作用と判断する考え方はやめてほしい」と釘を刺した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録