HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬卸連】単品単価は重要なテーマ‐創立75周年記念セミナーを開催

2016年11月15日 (火)

創立75周年記念セミナー

 日本医薬品卸売業連合会は10日、都内で創立75周年を記念した2016年度セミナーを開き、講演や座談会を行った。座談会では、これまでの市場変化、流通改善等の活動変遷などを振り返ると共に、ジェネリック医薬品(GE薬)80%時代、高額薬剤、残薬等の無駄への対応、地域包括ケアシステムなど、医薬品卸が取り組んでいく諸課題が提起された。特に、重要なテーマとして掲げられている単品単価については、柔軟な対応もあり得るのではないかとの指摘もあったが、厚生労働省の武田俊彦医薬・生活衛生局長は、「単品単価は大きな問題であり、やらなければならない。一企業の問題ではなく、公的な薬価制度へも影響する」と、あくまでも単品単価取引を進めていくことを強く求めた。

 鈴木賢会長は、医薬品流通をめぐって、「流通近代化協議会、流通改善懇談会で議論が行われて提言やメッセージが出されてきた。今はGE薬80%、高額薬剤への対応などが課題となっている。医薬品卸は、これからも国民医療を支える社会インフラとしての機能を発揮できるよう、医薬品流通の適正化、効率化に向けた事業展開していく」とあいさつした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録