HOME > 無季言 ∨ 

何を強みにするか

2016年11月16日 (水)

◆中間決算説明会で、スーパーマーケットを中核とする某小売企業トップは「これからは地域一番店でないと生き残れない」「スーパーやドラッグストアもこの流れにある」と指摘する
◆同社長曰く「かつてのチェーンストアのロジックでは人口増が絶対的背景にあった。しかし、少子高齢化の今の時代、特にローカル立地で展開する企業にとってこのロジックではダメ」。問題は何を強みに(売りに)するかということ
◆マーケティングの面から「地域一番店」を考えれば最も売上や客数が多いとか、品揃えが豊富だとか、商圏内でのシェアが尺度となろう。いずれにせよ、消費者にとって買いやすい、魅力のある店であるのは間違いない。競合店としては、その強みの部分を切り崩すために鎬を削ることになる
◆単なる物販店として捉えれば、ドラッグストアも他業態と重複する商材は多く、価格のみが勝負となってしまう。だが医療知識も備えた専門家がいる“健康拠点”となり得る可能性は、他業態が羨む特徴ということを再認識する必要があろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録