【新製品】イデルビオン静注用 CSLベーリング

2016年12月2日 (金)

 CSLベーリングは、血友病Bに対する半減期延長型の遺伝子組み換え血液凝固第IX因子アルブミン融合蛋白質製剤「イデルビオン静注用250・同500・同1000・同2000」(一般名:アルブトレペノナコグアルファ)を新発売した。同剤は、投与間隔14日間で平均トラフ値12%を維持することが確認されている。

 従来の製剤では、週2~4回、投与間隔が長いもので10日に1回の注射が必要とされており、患者や家族の負担となっていた。

 イデルビオンは、生物学的半減期が長いことで知られるアルブミンを、遺伝子レベルで血液凝固第IX因子と結合させる世界初の独自技術により、長時間の高い血液凝固第IX因子活性を持続させる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録