HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬食品局安全対策課】抗インフルエンザ薬の異常行動で「注意喚起徹底」を通知

2009年2月2日 (月)

 インフルエンザの本格的な流行で、抗インフルエンザ薬の処方増が予想されることを受け、厚生労働省医薬食品局安全対策課は29日、小児や未成年者が服用した場合に異常行動を起こす恐れがあるとして、製造メーカーに対し、医療機関への注意喚起を徹底するよう求める課長通知を発出した。

 通知では、「因果関係は不明であるものの、抗インフルエンザ薬服用後に異常行動などの精神神経症状を発現した例が報告されている」とし、異常行動による転落など、万が一の事故を防止するため、服用後2日間は小児・未成年者を一人にしない配慮を保護者が行うことを呼びかけるよう求めている。

 また、今シーズンはタミフル耐性のインフルエンザウイルスの出現が報告されており、他の抗インフルエンザ薬の処方が行われる機会も増えることが予想されるため、医療関係者に対して注意喚起の徹底を図ると共に、対応の結果の報告を求めた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録