膵癌”を含む記事一覧

2016年7月11日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
高額薬剤は3局の課題 鈴木保険局長:P2 同時改定へ姿勢示す 蒲原老健局長:P2 薬局ビジョン推進事業 実施県決定:P3 創薬ベンチャー型で差別化 日本ケミファ:P7

続きを読む »


2016年2月19日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
50周年式典を開催 GE薬協:P2 リンパ腫領域に参入 セルジーン:P7 企画〈胃腸薬〉:P4~5

続きを読む »


2015年7月7日 (火)

核酸医薬開発に挑む‐2年以内に開発候補創出  ナノキャリアは、ナノ粒子で内包した薬物の血中徐放性を高め、確実に標的抗原へと送達させるドラッグデリバリーシステム(DDS)「ミセル化ナノ粒子技術」で、有効性や安全性

続きを読む »


2015年6月19日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
単品単価の覚書締結は前進:P2 インバウンド調査実施 日家協:P10 企画〈OTC医薬品〉:P4~9

続きを読む »


2015年5月27日 (水)

第25回 精神科領域臨床研修会 2015年5月27日 追加 抗精神病薬といえば基本骨格から派生した定型薬剤が主であった時代から近年は非定型抗精神病薬の時代へと移り変わってきた。それに伴

続きを読む »


2014年12月18日 (木)

【武田薬品】アンドリュー・プランプ氏の次期CMSOとしての着任について
【協和発酵キリン】モガムリズマブ適応追加承認取得~化学療法未治療のCCR4陽性の成人T細胞白血病リンパ腫~
【大鵬薬品】抗悪性腫瘍剤「アブラキサン(R)点滴静注用100mg」治癒切除不能な膵癌で効能追加の承認取得

続きを読む »


2014年11月7日 (金)

◆岡山大学病院消化器内科の三宅康広助教のグループが、ヒト血液中から癌細胞の増殖を抑制する抗RPL29(リボソーム蛋白L29)抗体を発見した。同抗体は「生体内の腫瘍免疫システムが、いかにして癌細胞を排除しているか」の研

続きを読む »


2013年12月20日 (金)

【武田薬品】Natrogen社と武田薬品の、炎症性腸疾患治療薬Natura-alphaの 独占的開発権とオプション権に関する契約締結について
【第一三共】イナビル(R)のインフルエンザウイルス感染症予防に関する効能追加承認取得のお知らせ
【協和発酵キリン】カルシポトリオールとベタメタゾンジプロピオン酸エステルの配合外用剤の日本における販売提携契約締結のお知らせ

続きを読む »


2013年5月31日 (金)

【ファイザー】「アイソボリン(R)点滴静注用25mg・100mg」の膵癌に対する効能・効果および用法・用量の追加承認申請について
【第一三共】抗悪性腫瘍剤「トポテシン(R)点滴静注40mg、100mg」の効能・効果追加に係る承認申請のお知らせ
【大塚製薬】抗てんかん薬「イーケプラ(R)錠」小児てんかん(部分発作)の承認取得

続きを読む »


2013年4月3日 (水)

【田辺三菱製薬】高リン血症治療薬「BindRen(R)(ビンドレン)」ドイツ、オーストリアにおける販売開始に関するお知らせ
【大鵬薬品】進行膵癌を対象としたTS-1臨床第III相試験(GEST)結果がJournal of Clinical Oncology電子版に掲載
【日医工】人事異動について

続きを読む »


2012年9月28日 (金)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »


2012年8月17日 (金)

 武田薬品は、抗癌剤「AMG479」(一般名:ガニツマブ)について、膵癌を対象とした国内第III相試験を中止すると発表した。グローバルでガニツマブの開発を進める米アムジェンが試験中止を決定したことによるもの。

続きを読む »


2012年8月17日 (金)

 薬業界の専門紙「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「YAKUNET」でご覧いただけます。(→ YAKUNETとは) ※YAKUNET会員は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけ

続きを読む »


2012年8月9日 (木)

【アステラス製薬】中心循環系血管内塞栓促進用補綴材「A670」の日本における独占的販売契約の締結について
【武田薬品】癌治療薬AMG 479の日本での膵癌に対する臨床第3相試験の中止について
【ブリストル・マイヤーズ】米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 KRAS遺伝子変異陰性(野生型)のヒト上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)発現切除不能再発大腸がんのファーストライン療法として、FDAがFOLFIRI(イリノテカン塩酸塩水和物、フルオロウラシル、ロイコボリン)との併用でアービタックス(R)(セツキシマブ)を承認

続きを読む »


2011年7月6日 (水)

 厚生労働省医薬食品局審査管理課は、1日付で承認したMSDの「キュビシン静注用」(一般名:ダプトマイシン)、一変承認した中外製薬の「タルセバ」(エルロチニブ塩酸塩)、注射剤を承認したファイザーの「ジスロマック」(アジ

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録