HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【子宮頸癌など3ワクチン】接種再開後の安全性確認

2011年7月20日 (水)

 厚生労働省の専門家委員会は、子宮頸癌、Hib、小児用肺炎球菌の3ワクチンについて、4月の予防接種再開後に1例の死亡が報告されているものの、「現時点で、ワクチン接種と直接の明確な因果関係がある死亡例は認められておらず、新たな安全上のリスクは見出されていない」と結論づけた。

 子宮頸癌ワクチンは、2009年12月の発売以降の推定接種は190万回で、メーカーから193件、医療機関から219件の副反応報告があり、うち重篤例は14件だった。

 Hibワクチンは、08年の発売以降の推定接種は399万回で、メーカーから94件、医療機関から173件の副反応報告があり、うち重篤症例は173件だった。

 小児用肺炎球菌ワクチンは、2010年2月の発売以降の推定接種は302万回で、メーカーから110件、医療機関から205件の副反応報告があり、うち重篤症例は26件だった。

 このほか今年5月までの今シーズンのインフルエンザワクチンの安全性についても評価し、22件の死亡例が報告されているものの、「死亡とワクチン接種の直接の明確な因果関係がある症例は認められていない」と判断した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録