TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【GE薬・BS学会】サプライチェーン多元化を‐後発品の原薬調達で議論

2021年06月29日 (火)

 後発品の安定供給をめぐり原薬の調達が大きな課題となっている。ウェブ上で開かれた日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会のシンポジウムでは、原薬の国産化を進めても安定供給することは難しく、サプライチェーンの多元化が必須との意見が相次いだ。日本と欧米では、原薬の品質基準に乖離があるため、日本の要求品質に適合する海外原薬メーカーを選定する必要性も示された。

 国内原薬メーカーの立場から桂良太郎氏(桂化学)は、「国産原薬と海外原薬には価格差があるが、そこには品質やGMP対応、査察や交渉などの手間、カントリーリスクなど、見えないリスクやコストがある。海外原薬に比べて国産原薬はリスクが小さいのが強みではないか」と語った。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報