血清高コレステロール改善薬「シンプトップ」を発売 アルフレッサファーマ

2009年5月13日 (水)

血中のコレステロールを低下

yakuji_photo

 アルフレッサファーマは、血清高コレステロール改善薬「シンプトップ」(第3類医薬品)を新発売した。大豆から抽出・精製した高活性レシチン「ポリエンホスファチジルコリン」の働きで、高くなった血中のコレステロールを低下させる。

 ポリエンホスファチジルコリンは、細胞膜とりわけ肝細胞膜の重要な構成成分で、膜の修復や再生、安定化作用を有しており、その働きは[1]コレステロールをエステル化する酵素を活性化し血中に溶けやすくする[2]HDLを増加させコレステロールを肝臓へ運ぶ[3]コレステロールの代謝、胆汁の合成・排泄を促進する。

 税込み希望小売価格は100カプセル3465円、200カプセル6300円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録