【新製品】統合失調症治療剤「ラツーダ」を米で発売 大日本住友製薬 

2011年2月7日 (月)

 大日本住友製薬は4日、海外戦略品と位置づける統合失調症治療剤「ラツーダ錠40mg、同80mg」(一般名:ルラシドン塩酸塩)を米国で発売した。ラツーダは、大日本住友が自社開発した非定型抗精神病薬で、初回推奨用量は40mg、最大推奨用量は80mgとされ、1日1回食後に投与する。これまでの6週間投与の比較試験では、1日40~120mgの用量で有効性が認められている。

 大日本住友は、ラツーダをグローバル展開の先兵役と位置づけ、大型化を見込む。米国上市後は、2014年度に700億円程度の売上高を計画している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録