7月に東京で年次大会 日本製薬医学会

2013年6月24日 (月)

 日本製薬医学会第4回年次大会が7月19、20の両日、「Bringing better benefits topatients」をスローガンに、東京小石川のエーザイ本社で開かれる。主なプログラムは次の通り。

 ◇大会長講演:Bringingbetter benefits to patients=ステュワート・ギリー(エーザイ)

 ◇基調講演:iPS細胞研究の現状と医薬品開発における安全性評価への応用=iPS細胞の研究の現状―中畑龍俊(京都大学)、ヒトiPS由来分化細胞の非臨床試験法への応用(試験法の標準化の重要性について)=関野祐子(国立医薬品食品衛生研究所)、創薬研究におけるヒトES/iPS細胞由来心筋細胞を用いた心毒性予測=澤田光平(エーザイ)、アンメットメディカルニーズと研究開発の展望=堀田知光(国立がん研究センター)

 ◇特別講演=製薬医学教育の現状と展望(Pharma Train事業の国際展開と日本での教育開講について)=今村恭子(日本製薬医学会理事長)▽Investigators,Professionalism and the Future of ClinicalReseach(ACRES GlobalChallenge)=Greg Koski(Massachusetts GeneralHospital)

 ◇パネルディスカッション=コンパッショネートユース▽リスクマネジメントに必要な人材とは▽メディカルサイエンスリエゾン(MSL)に期待されること▽資金透明化の時代における企業の果たす役割

 参加費は、事前申し込みで行政・アカデミア・医療機関1万円、それ以外は2万円、非会員が2万5000円。7月12日の締め切りだが、当日申し込みも受け付ける。

 申し込みは同学会ホームページ参照。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録